無精で短気で傲慢なプログラマ

UNIX や web やプログラムの技術的なことを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SELECT 要素の value プロパティ

SELECT 要素の値を参照・代入する場合は
 参照: myform.myselect.options[myform.myselect.selectedIndex].value
 代入: myform.myselect.selectedIndex = "..";
とするしかないとずっと思っていたのだが、
 参照: myform.myselect.value
 代入: myform.myselect.value = '..';
と書けるということを先日知った。

例:





ソース:
  <select name="pref">
    <option value="0">選択してください</option>
    <option value="1">1:北海道</option>
    <option value="2">2:東京都</option>
    <option value="3">3:沖縄県</option>
  </select>
  <input type="button" value="SELECT要素の valueを表示"
          onClick="alert(this.form.pref.value)">
  <input type="button" value="東京都にセット"
          onClick="this.form.pref.value = 2">


DOM level-1 の 付録 E: ECMAスクリプト言語バインディング にも
HTMLSelectElement オブジェクトは以下のプロパティをもつ。
  value このプロパティは String 型である。
とあるので、多分問題なさそう。少なくとも IE6 と Firefox1.5.0.6 では動作した。


Javascript の初歩ですかそうですか。

スポンサーサイト

PageTop

「GCCプログラミング工房」の西田亙氏が「GNU開発ツール」を自費出版

西田亙氏が「GNU開発ツール」を自費出版 より。

UNIX USERでGCCプログラミング工房を連載されていた西田亙氏が、Computer Architecture Series 「GNU開発ツール」を自費出版します。価格は 4,500円。

久々に読みたい本が出てきた。早速予約。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。